IT機器基本ガイド ハードディスクの修理と復旧 

ハードディスク内を修理・復旧する時はコンピューターのチェック

PAGETITLE
ハードディスクを修理・復旧するには自分で行ってみるといいですね。コンピューターを開いて自分が使用されているところが表示されます。使用が多いところでエラーのチェックや不具合がある箇所をチェックして修復してくれるのです。チェックをするためには再起動が必要になるので、再起動をするといいですね。再起動をするといつもの画面ではなく、チェックの画面になり自動的にチェックをし始めるので終わるまで待つことが大切ですね。また、ここの最適化もすることができるのですが、中に入っている情報が多いとそれだけ時間がかかるので、長くて3、4時間かかることを覚えておくことが大事ですね。この最適化のメリットとしてはエラーになった部分など空きができるのできちんと整理をしてくれるのでたまにはするといいと思います。

ウイルスに感染をするとこの部分が壊されてしまうこともあるので、修復を試してももとには戻らないので、修理に出して、交換をしてもらうことが一番ですね。データを記憶しておく重要な部分なので、やさしく扱ってくださいね。パソコンの機器に詳しい方は、自分でも交換ができると思いますが、交換の仕方が間違えるときちんと作動しないことにもなるので、説明書をみながらゆっくり行うことがいいですね。自宅でパソコンを使う方は、簡単な修復の仕方を知っておくと、あわてずに済むと思います。コンピューターはショックには大変弱いものなので、外へ持ち運んで使われる方は、持ち運びには十分に注意することが大切ですね。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017IT機器基本ガイド ハードディスクの修理と復旧 .All rights reserved.